2018年9月27日 (木)

スペースを確保する

趣味の種類は本当に様々です。

お金のかかるもの、時間のかかるもの、
収納スペースがいるもの。

もし、同棲している恋人の趣味が、
コレクターだったらどうしますか。

同棲というからにはお互いが
自由に使えるスペースは限られているはずです。

共有スペースにはお互いにとって必要な物が置かれ、
寛ぐ場所があるでしょう。


逆にそれぞれの部屋、
またはスペースには私物を置きますが、
その私物が大量だったとしたら恋人はどう思うでしょうか。

読書家であれば大量の本が、
フィギュアなどが好きな人であれば
一緒に棚まであるかもしれません。

それを自分のスペースで
うまく納めてくれるなら良いのですが、
それだけでは足りずに恋人のスペースに、
もしくは共有の場所まで使ってしまう可能性があります。


何かを集める趣味の人は、
買った物を手放す事はほとんどありませんので、
荷物は増え続けると思って良いでしょう。

そういう場合は後に引越しする可能性も
考えなくてはなりません。

最初から広い場所に
住めば良いと思うかもしれませんが、
もしも最初からたくさんのスペースがある場合、
もっと買っても大丈夫と思って集めるペースが
早くなる可能性もあります。


同棲するのであれば、
その前に相手の趣味を理解しておく必要があります。

もっと極論を言うと恋人との出会いがあった時点で
お互いの趣味についてはある程度把握しておくと
良いかもしませんね。

交際が始まってから知っていくのも
もちろん楽しいのですが、
それ以前に把握しておく事は重要です。

カテゴリー:趣味への理解

ブログランキングならblogram

2018年9月20日 (木)

金銭感覚の違い

あなたの趣味はお金がかかりますか。

それともほとんどかからないでしょうか。

テレビを見るのが好き、ウィンドウショッピングが好き、
散歩が好きなど、お金がほとんどかからない人にとって、
お金がかかる趣味を理解するのは難しいかもしれません。

旅行にコレクション、ライブ通いにブランド好き、
など、例を挙げればきりがありません。


もちろん同じ趣味でも
お金を節約しつつ楽しむ人もいますが、
中には生活費を削ってでも
趣味にお金をつぎ込んでしまう人もいます。

どんなに良い出会いがあっても、
その瞬間に相手の趣味の深いところまではわかりません。

時間をかけてコミュニケーションを取って、
初めて知ることが出来る事も多いのです。


付き合ってからわかった趣味がお金のかかるものであったり、
逆に節約が趣味の人もいます。

趣味の内容そのものよりも、
どれだけお金がかかるかという理解を得るのに
苦労する人は多いでしょう。

ケンカの材料はどこにあるかわかりません。

ケンカで済めば良いのですが、
別れに発展する可能性にも繋がっています。


お金のかかるかからないに限らず、
相手が先に知っておきたかったと思われるような事は
なるべく早めに伝えるようにしましょう。

特に金銭に関わる問題は
将来を考えているのであれば避けては通れない事です。

お互いが似たような金銭感覚であれば
問題ありませんが、あまりにもずれていると
どちらかが必ずしんどい思いをします。

けれど、相手の為にどこまで近づけられるか、
その努力する姿勢が趣味への理解の一歩となるでしょう。

カテゴリー:趣味への理解

ブログランキングならblogram

2018年9月 3日 (月)

二人で楽しめる趣味

趣味を通じて出会いが見つかる事はよくあります。

旅行先で、スポーツ観戦で、野外フェスで、
カフェめぐりなど、一人で行っている者同士が
意気投合する事も珍しくはありません。

もしも良い出会いがあり、二人が交際を始めた場合は、
休日のデートも特に困る事はないでしょう。


では、趣味に関係なく
付き合った二人であればどうでしょうか?

片方がインドア派、もう片方がアウトドア派だった場合は、
どちらかの趣味に関して
一緒に楽しむ事は簡単ではありません。

そこで、二人で楽しめる趣味を見つけてみませんか。


見つけると言っても、
全くの新しい趣味を見つける必要はありません。

例えばキャンプに本を持って行く、
大きな図書館までドライブをするなど、
どちらかの趣味にもう片方の趣味を絡めてみましょう。

お互い別々のスポーツが好きであれ
ば複合のスポーツ施設へ、
音楽であればいろんなジャンルがあるフェスに行くなど、
共通点や交わる場所を見つけるだけでもよいのです。


また、テレビゲームが好き、アプリゲームが好きなど、
コアな趣味の場合は一緒に楽しむというよりは
理解してあげましょう。

とはいえ、何も内容を理解するのではありません。

ゲームとはこういう物なのだという事を理解し、
お互いに楽しむ時間にするのです。

相手が好きそうなゲームを一緒に見つける、
やり方を教えてあげる、

一緒にいる時間はそうやって寄り添うことで
趣味と通じ楽しい時間を過ごす事も可能です。

頭ごなしに相手の趣味を理解できないからと否定せずに、
お互いに寄り添ってみましょう。

カテゴリー:趣味への理解

ブログランキングならblogram

2018年8月14日 (火)

言いづらい趣味

人間、ほとんどの人は趣味を持っています。

趣味と言える物がないという人であっても、
ある部分にこだわりがあればそれが趣味と呼べるものです。

趣味ではなく家事だからするという人でも、
トイレの掃除にはこだわりがあれば
それが趣味と言えなくもありません。

そう考えると、
本当の無趣味な人間はほとんどいないでしょう。


趣味と一言でいっても多種多様です。

読書、スポーツ、料理、
このあたりは特にわかりやすいです。

しかし、スポーツはするのが好きな人と、
見るのが好きな人に分かれますし、
その中でも一つに特化した人もいます。

料理は作る人、料理のカテゴリー、
食べる専門、食べ歩きなど、細かく分かれます。

食べるのが趣味だけど作るのは好きじゃない人もいれば、
作るのは好きだけど人に食べてもらうのがいいと言う人まで、
その幅は多岐にわたります。


恋人が料理を作るのが趣味だとしたら、
美味しく食べてあげましょう。

また食べに行くのが趣味だとしたら、
たまにはデートでちょっと良いところへ行くのも楽しめます。

しかし、あまり公に言えない趣味を持っている
恋人だとしたらあなたはどうしますか?


虫を食べるのが趣味だったり、
味音痴かと思うくらい辛い物が好きなど、
一緒に楽しめないとわかっている場合、
その趣味を隠したがるかもしれません。

確かに一緒には難しいかもしれませんが、
それを隠された恋人はどう思うでしょうか。

法に触れるようなものは別として、
相手に嫌な思いをさせたり強要するのでなければ、
勇気を持って打ち明けてみましょう。

同じ趣味の出会いを探していたわけでは無い限り、
受け入れてもらえるのではないでしょうか。

カテゴリー:趣味への理解

ブログランキングならblogram

2018年8月 3日 (金)

結婚のための努力

現在交際している恋人との結婚を
考えている人はどれほどいるでしょうか。

初めての出会いを経て、
交際期間が長くなるにつれ、
結婚を考えるのは自然な流れです。

しかし「結婚したい」という気持ちだけで先走り、
準備や心構えもないまま結婚すると
勝手に決めてしまったり、
周囲に吹聴したりするのはNGです。

結婚は人生の一大イベントであり、
事前の準備が必要不可欠なのです。


「結婚は当事者ふたりが納得して
決めればいい」という意見の人もいるでしょうし、
もちろんそれもある意味正しいのですが、
二人の結婚生活を良いものにしたいのであれば、
結婚することによって今後生じるであろう
負担やストレスを少なくする努力をする必要があります。

例えば、結婚して引っ越すとしましょう。

どこに住むかによって、
通勤手段や経費も変わってきますし、
生活環境そのものがガラリと変化するかもしれません。

それによって生じる問題や負担を
少しでも軽減するための方法を探したり、
引っ越し先での生活環境の安定に
必要な金銭計画を考えたり、
事前に予測しておくことで、
将来の混乱や問題を避けられる可能性が高くなります。


結婚後の二人の生活について具体的に考えることは、
結婚式の準備や新婚旅行について
考えるよりも大切です。

むしろ、こうして二人で結婚についての
ハードルや問題に対処できる目途が立たなければ、
結婚できないと言っても過言ではありません。

これから先も、愛するパートナーと長く過ごしたいなら、
まずは自分達の置かれている環境を知り、
将来を考えましょう。

カテゴリー:結婚へのハードル

ブログランキングならblogram

2018年7月26日 (木)

すれ違う気持ち

縁あって出会い、
交際している恋人との付き合いが長くなれば、
結婚を意識する人も多いはずです。

もちろん「結婚したい」と明確に考える人だけでなく、
「まだそこまで考えてないけど、そろそろ周囲からせかされそう…」
と意識してしまう人もいるでしょう。


どちらにせよ、結婚となると
それにまつわる様々な悩みも浮上します。

中でも「恋人が自分と同じように結婚を考えてくれない」
「まだ結婚相手として意識してもらえていない」
という悩みは少なくないものです。

一心同体ならともかく、
恋人といえど考え方や性格は人それぞれであり、
結婚について抵抗を感じる人もいれば、
さっさと結婚するべきだと考えている人…、
完璧に同じ考えだというカップルの方がレアケースです。

相手が感じている結婚へのハードルを排除するには、
二人の意識が同じ方向へ向いていることが一番大切です。

恋人と意見が食い違った場合は、
まずお互いの考えに真摯に耳を傾け、きちんと話し合いましょう。


また、二人とも結婚を望んでいる場合でも、
一安心という訳にはいきません。

「いつ結婚するか」ということではなく、
きたるべき結婚後の生活に備えて、
どうやって二人で協力していくかということを話し合うよう、
お勧めします。

たとえ今は同じ気持ちでも、目の前の問題や条件が変われば、
人の考えや気持ちも変わるものです。

その可能性をできるだけ抑えるべく、
結婚へのハードルを排除する努力こそが、
結婚への一番の近道になるのだと心しておきましょう。

カテゴリー:結婚へのハードル

ブログランキングならblogram

2018年7月 9日 (月)

恋の先にあるもの

現在の恋人と出会い、付き合い始めた当初は
結婚についてまったく考えていなかった、
そんなことを考えるのは早いと思っていた…
そんな人も多いのではないでしょうか。

「恋愛は恋愛、結婚は結婚で別物」
と考える人も少なくないものです。

しかし多くの場合、「恋愛」の延長線上に
「結婚」はあるものです。


現在の恋人と結婚する気持ちが芽生えた時のために、
普段から結婚へのハードルを低くする
努力をしておくのはいかがでしょうか。

「そう言われても、結婚するかどうか未定だし…」
という人も、早い段階から備えておいて損はありません。

いざ結婚となって慌てるよりは何倍もマシです。

では、具体的になにをすればいいのでしょうか。


まずやるべきなのは、二人の仕事や
生活環境について把握しておくことです。

結婚するからには、
二人の生活には何らかの変化が起こります。

例えば新居に引っ越して
通勤時間や仕事が変わったり、
生活環境が変化したりする可能性もあります。

そこでどのような方法を採れば
お互いの負担やストレスが最小限で済むかを
シミュレーションしてみるのです。


恋人のことを考えることは、
お互いへの思いやり、労わる愛情を育みます。

二人の恋愛関係にとっても、
これはとてもメリットがあることなのです。

恋の先にあるものを見据えて行動することは、
今の二人の関係をより良いものにしてくれるでしょう。

いつかくるかもしれない結婚の日に向けて、
ぜひ一度考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー:結婚へのハードル

ブログランキングならblogram

2018年6月 5日 (火)

結婚するなら日頃の観察が大事

現在の恋人との初めての出会いから、
ある程度付き合いが長くなってくると、
結婚を意識し始める人も増えるでしょう。

今まで交際してきた年月やお互いの年齢を考え、
「そろそろ将来の話をしなくては…」と考えるものの、
自分がそう思っているからといって、
必ずしも相手が同じように考えてくれているとは
限らないものです。

また、結婚について考えるためには、
二人の生活や周囲の環境について
考える必要もあります。

つまり、結婚を考えてプロポーズしたからといって
すぐ受け入れられるとは限らないということです。


恋人にプロポーズしたい、
そしてOKしてもらいたいのであれば、
「結婚」が今の二人にどのようなメリットや
デメリットをもたらすかについて、
事前にリサーチしておくことが
大切なのではないでしょうか。


結婚に向けて、
乗り越えるべきハードルもあるでしょう。

それをできるだけ低く、排除したいなら、
普段から、お互いが何を望んでいるのか、
どのような状況にあるのかを
しっかり理解し合うことが必要不可欠です。

二人の考えや気持ちが
ちゃんと理解し合えていれば、
結婚までに考えなければいけないこと、
対処すべきことがどれほどあるのかも
ちゃんと見通せるでしょう。

プロポーズされた時、
結婚まで踏み切るべきかどうかの
判断がしやすくなります。


まだ結婚について漠然としたイメージしかなくても、
恋人と将来を共にしたいのであれば、
恋人の状況や生活環境について、
普段から気を配っておくことをお勧めします。

カテゴリー:結婚へのハードル

ブログランキングならblogram

2018年5月22日 (火)

恋人からの言葉だから意味がある

頑張っている人に対して「頑張れ」とさらに言うのは
相手に鞭打つようなものではないかという風潮もあり、
近年は「頑張れ」という言葉は
その効力を昔ほど感じられないものになりました。

それでも、言われる相手によって
言葉の受け止め方は随分と変わるものです。


例えば、頑張っているところに
「もっと頑張れ」と言ってきた相手が上司と、
恋人だったら印象はどう違うでしょうか。

上司に対しては「自分が大変なのをわかっているくせに」
などと愚痴のひとつも零したくなるでしょう。

しかし、愛する恋人から「頑張れ」とエールを送られたら、
その優しい響きを素直に受け止められるはずです。

恋人と第三者からかけられた言葉は同じでも、
愛情の度合いによって
その受け止め方が違うのは当然です。


二人が出会いを経て交際に至り、
今まで恋人が色々とかけてくれた言葉で
勇気づけられてきたという人も少なくないでしょう。

人生は、気持ちが高揚して
やる気がみなぎっている時ばかりではありません。

切羽詰まってどうしようもない時、
何とか頑張っている時の方が多いものです。

そこで恋人がかけてくれる、
真心のこもった言葉は他の
どんな励ましよりも効果的でしょう。

恋人ですから、自分の事を案じてくれるのは
ある意味当然だとも言えますが、
恋人からの言葉だからこそ価値があるのです。

恋人からの思いやりのある優しい言葉は、
くじけそうな心を励まし、
心の拠り所として自分の歩く道を
いつも明るく照らしてくれるでしょう。

カテゴリー:優しい言葉がしみる時

ブログランキングならblogram

2018年5月14日 (月)

普通の言葉でもいい

恋人から「頑張っているね」という一言が欲しくて、
仕事や趣味を頑張る、
そんな人は意外と多いのではないでしょうか。


恋人からの言葉とは、
別に普通の内容でも構わないのです。

会社の同僚などと毎日交わすような、
「おはよう」「お疲れさま」などという挨拶でもいいでしょう。

会社の同僚から言われる「お疲れ様です」、
客先で言われる「お世話になります」などという言葉は、
ビジネスの場での挨拶であり、
特別な言葉ではありません。

日常生活ではよく使われる言葉ですが、
そんなありふれた言葉でも、
言ってくれる相手によって人の受け取るニュアンスは
大いに違ってきます。

これが愛する恋人から言われたとあれば、
受け取る気持ち、言葉から
感じ取る雰囲気なども全然違います。

基本的に挨拶の意味は変わりませんが、
それでも会社の同僚などから言われる時とは
違った受け止め方ができるのです。


二人が出会いを経て交流を深め、
絆が深まってくると、
相手がどんなことを考えているのか、
どんな気持ちでいるのかが
お互いわかってくるようになります。

そんな恋人だからこそ、
「今日も頑張っていてえらいね、いつもお疲れさま」
などという簡単なメッセージでも、
それが心から本当に気持ちを込めて
言ってくれているのだと理解できるでしょう。

同僚から言われるような挨拶とは違って、
きっと心にしみいるはずです。

そんな思いやり溢れる一言を送ってくれる
恋人を持った喜びをしっかりとかみしめれば、
また頑張ることができるでしょう。

カテゴリー:優しい言葉がしみる時

ブログランキングならblogram

«他の人の言葉よりも効果てきめん